HYSOC logo

English

科学研究費基盤研究(S):近代アジアにおける水圏と社会経済 ― データベースと空間解析による新しい地域史の探求

村上 衛 / Ei Murakami

京都大学 人文科学研究所 准教授

プロジェクトでの役割・関心

本プロジェクトでは西江流域における降水量・河川水位の問題と流通・航運・農業生産の関係を検討していく。

専門・主要研究業績など

専門は中国近代社会経済史。19世紀中葉から20世紀初頭の福建省南部の海域史を専門として貿易・移民・戦争・海賊・海難といった問題を検討し、その成果の『海の近代中国──福建人の活動とイギリス・清朝』(名古屋大学出版会、2013年)は中国語(《海洋史上的近代中国──福建人的活動与英国、清朝的因応》社会科学文献出版社、2016年)でも出版された。現在は華北の羊毛貿易や西江流域の流通・航運など、内地流通に関心をもっている。

略歴

博士(文学)東京大学。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程退学後、京都大学人文科学研究所助手、横浜国立大学大学院国際社会科学系研究科准教授を経て2011年4月より現職。

研究者紹介ページ

http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/zinbun/members/murakami.htm

Go to page top